バンパー修理は、道具と基本的な知識を揃えれば、プロでなくても挑戦することが出来ます。一般的に修理作業は、専門性が高いと考えられますから、修理を経験したことがなければ、難しそうと思われるのは当然です。しかし、プロとの差は仕上がりの違いに現れるので、元に限りなく近付く修理を求めるなら、プロに任せた方が安心です。個人で挑戦する場合は、例え失敗したとしても、やり直しが可能ですから、修理に興味があるなら挑戦することがおすすめです。修理の経験は、今後の破損に役立つ技術となりますし、経験を経て上達すれば、簡単な修理は業者に任せず済むようになります。作業に必要な道具は主に、ささくれや地ならしに使う耐水ペーパーを始めとして、傷や凹みを埋めるパテが必要です。また、最終的には見た目も大切ですから、元の色に合う塗料と、養生用の道具も用意することがポイントです。

バンパー修理は道具の準備が基本

耐水ペーパーやパテ、塗料の準備は、作業中に必要な物が足りない、あるいは使えないといった状況を避けるのに重要です。耐水ペーパーの種類は、傷部分と周囲の差を埋める為に、目の粗い200番程度を用意します。下地作りや塗装後には、表面をならしたり艶出しも必要となるので、段階的に2000番位まで準備すると役立ちます。パテについては、バンパーの素材に合う物を念頭におき、作業性を考慮して選択を行います。凹みが激しい場合は、ボリューム感のあるパテが適していますし、薄い傷なら塗り広げやすい物が最適です。一番ハードルが高いのは、塗料の色合わせですが、塗料情報があれば業者に取り寄せてもらえるので、まずは塗料の色を調べることが大切です。塗装方法の選択は、スプレー方式が一番無難で、失敗が少なく初心者でも取り扱えます。塗料の種類によっては、クリアーも必要になりますから、必要に合わせ一緒に購入して準備することが肝心です。他にも脱脂用のスプレーであったり、塗料の食い付きを良くするプライマー、発色を良くするサーフェイサー、養生用のマスキング用品が必要です。

道具を手にしたらバンパー修理が始められます

最初は削る作業なので、幾ら傷が目立つといっても、いきなり臆せずに挑戦するのは困難です。ただ、削らなければ作業は進まないので、使用する耐水ペーパーの番手を良く確認してから、軽く擦ってみる必要があります。耐水ペーパーを掛ける目的は、ささくれを始めとした地ならしなので、多少雑に仕上がっても大丈夫です。むしろ、使用するのは目の粗い番手ですから、周囲とは異なった、ザラザラの質感に仕上がるのは当然です。研磨が済んだら、次は脱脂用のスプレーや中性洗剤等で脱脂を行い、良く乾いてからパテを盛る作業に移行します。パテは後で削るので、少し厚めが基本ですから、躊躇せずに少しずつ塗り重ねることがコツです。塗り終わったら、今度は耐水ペーパーの番手を300から400番まで上げて、600番位になるまで段階的に研磨を繰り返します。脱脂を終えた後は、周囲に塗料が付着するのを避ける為に、マスキングを施して養生を済ませます。プライマーとサーフェイサーを経て研磨を終えたら、いよいよ塗装を施す段階に入ります。塗装は少しずつ、塗り重ねるように繰り返し、最後に磨いて光沢感を出したら完了です。

車の修理って高い!いままで常識を覆す、安心の均一料金体系。 板金業界の常識を覆すべく、お客様のお車のキズやヘコミを、激安の均一料金で補修させて頂く事がメリットです。 高級車の修理は高いと思っていませんか?でも、池内自動車の修理は高級車も均一価格です。 車の小さな傷から大掛かりな傷、板金塗装や修理の事まで、材料や道具を工夫して、均一料金でどこよりもお安く修理いたします。 車のバンパー修理は【池内自動車】がおすすめ!