バンパー修理は自分でも作業できるんです

車のボディのやバンパーについてしまった様々な傷や凹みは、そのままでも走行に支障はないものの、非常に気になるものです。ある程度長く乗り続けている車であれば、こうした損傷も諦めがつきますが、買ってから間もない物や、愛着のあるものになると、少しでも早く修理してしまいたいものです。こうした傷や凹みは、そのままにしておいても状態が良くなるというものではありませんし、部位によっては錆が出てきたり、塗膜の剥がれが広がってしまうこともあります。ボディやバンパーの傷は、多くの人が修理工場などで修理を依頼していますが、プロにお願いすると例え小さな傷であっても高い修理費用がかかってしまいます。それほど修理にお金をかけたくないというのであれば、自分で修理してしまうというのも良いでしょう。

意外と簡単にできるバンパー修理

一口にボディやバンパーの傷と言っても、その損傷の程度は実に様々です。広い範囲で大きく凹んでいたり、板金やバンパー自体が割れるなど破損してしまっていては、修理も容易ではなくなります。もしこういった程度の損傷の場合には、素直にプロにお願いするのが良いでしょう。しかし、比較的小さな範囲の傷や、浅い傷であれば、自分で修理してもそれほど難しいものではありません。特にバンパーの軽い擦り傷などは、コンパウンドなどで表面を研磨するだけでほとんど目立たなく出来ることもあります。また、バンパー本体にほとんど傷がなく、表面の塗装だけが剥がれているという状態なら、補修用の塗料を塗るだけで元通りの状態に戻すこともできます。バンパー修理といって身構えなくても、簡単な作業で修理できることも少なくありません。

市販品を上手く利用すれば更に綺麗に仕上がります

修理を自分で行なう時、より綺麗に仕上げたいと思うのであれば、専用の補修キットなどを使うのがおすすめです。補修キットは、カー用品ショップやホームセンター、あるいは100円ショップなどでも販売されていますので、上手く利用することで修理の出来栄えを格段に良くすることも可能です。深い傷が出来てしまっている時には、そのまま塗料を塗るのではなく、パテを使って傷を埋めておくと良いでしょう。パテも、用途に応じて様々な種類のものがありますので、取扱説明書などをよく読んで、必要なものを正しく選択する事が大切です。ある程度広い範囲を塗装しなければならない時には、缶スプレーの補修塗料を使うと便利です。スプレーを使えば、筆塗りと違い、ムラなどが起こる心配もありませんし、広い面積を均一に仕上げることができます。スプレーを使う時には、周囲に塗料が飛び散らないようにマスキングテープや古新聞を用意しておくと更に作業がスムーズに進みます。